忍者ブログ
HOME   »     »  携帯 携帯電話料金の時効  »  携帯
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
2017 .12.16
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Softbank携帯の新規契約をしようとしたところ、未納料金があると言われました。
何時のものか解らず、店頭でも契約番号や電話番号が解らないと言われました。
料金センターをたらい回しにされ、2001年の未納と判明。
Softbankに時効の援用を行使すると伝えたところ、腑に落ちない対応をされました。

時効の援用を行使するのは、お客様の勝手。
未納料金は民法上時効でもSoftbankの債権は消えない。
時効の援用を行使する書名を送られても、どう取り扱うかは言う義務はない。
送り先は勝手に調べろ。
契約番号や電話番号も教えない、勝手に調べろ。


とにかく勝手にやれの繰り返しです。
時効の援用を行使しても未納記録が消えないなら、やるだけ無駄でしょうか?
必要な情報も勝手に調べろとは酷くないですか?

アヴァンス行政書士法人
PR
Comment
Trackback
Comment form
Title
Color & Icon Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字  
Comment
Name
Mail
URL
Password
PR
アヴァンス行政書士法人
ランキング
インフォブログランキング
@With 人気Webランキング
ランキング
ブログランキング
SEO RANKING

ブログランキングを一括クリックする
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

Page Top
CALENDaR 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31