忍者ブログ
HOME   »     »  時効を援用出来るケースと出来ないケース 借金の時効  »  時効を援用出来るケースと出来ないケース
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
2017 .09.21
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

債権回収会社は一定の期間で住民票をとり住所の確認をいているはずです。 実在する本当に住んでいる場所に移転届を出せば回収会社はそこへ請求書を送付してくるでしょう。 時効を援用出来るケースと出来ないケースがありますので弁護士と相談してください。(時効中断の措置をしている場合もある) 自己破産など全く不要です。 弁護士を介入させ全ての債権について減額、長期分割をまとめてもらいましょう。 基本的に勤務先は教えなくても問題ありません。弁護士には正直に話しをし差し押さえ等で収入がなくなっては元も子もないことを伝えればOKです。ちなみに給与差し押さえといっても全額は出来ません。収入金額により10%~30%くらいです。(平均収入で) 住所、勤務先の近所の口座は注意しましょう。いきなりピンポンであてられることもあります。
アヴァンス行政書士法人
PR
Comment
Trackback
Comment form
Title
Color & Icon Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字  
Comment
Name
Mail
URL
Password
PR
アヴァンス行政書士法人
ランキング
インフォブログランキング
@With 人気Webランキング
ランキング
ブログランキング
SEO RANKING

ブログランキングを一括クリックする
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

Page Top
CALENDaR 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30